損失も公開!ロボアドバイザーで資産運用

投資初心者は、最初にいくら何をどんな割合で購入すればいい?貯金額の割り振り方とは

今日は、投資信託に、具体的にいくらぶっこむかオットと話し合いをしました。

ちなみに・・・

投資にいれるお金はねこっけ自身の稼ぎのみ。オットの収入には一切手をつけません。

まずは貯金額から生活費を差し引く

当然ですが、貯金全額をぶっこんだら大変なことになります。

基本的にインデックスファンドは売買手数料がかかるので、全部つっこんで、生活費をそこから毎月出す、なんてやり方は全くおススメしません。

リーマンショッみたいなどでかい波が起きたら大変なことになるので、まじで止めましょう。
最低でも 生活費×3は残しておきましょう。

※注意※
ネット銀行だけでなく、店舗型の銀行口座にもお金を預けた方が安心です。
過去の震災時、通帳がなくても身分証明だけで、ある程度の金額の出金が可能だったのは店舗型の郵便局や銀行でした。

残りの貯金額から個人国債とインデックスファンドの割合を決めます。

個人国債とインデックスファンドの割合は?

10冊以上の投資本を読んでわかったことは、素人はとりあえず 50%づつが理想!

「個人国債は利子が・・・少ないから・・・・半分も回したら目的額の3600万円に届くのかなぁ・・・」とちょっと不安ですが、素人だからこそ、手堅く始めることにしました。

理由はシンプル、インデックスファンドは減る可能性がある

そこなんですよ。。いくら低リスクといってもね、何があるかわからないから、 最悪1/3まで減ってもいい金額を最初に投入します。

色々調べるうちに、ハッピーな情報ばかりに目を向けてしまっていて、うかれポンチになっていたのですが、個人国債の口コミ等をみると、株の投資で痛い目を見て、最終的に国債で落ち着いた・・という情報をちらほら見掛けます。

そう、やっぱ、株って損する可能性もあるんです。

その現実をしっかり見据えると、半分は個人国債にするって、当然ですね・・(›´ω`‹ )

我が家の場合のポートフォリオ

前述した通り、我が家はオットの収入には一切手を付けず、使うのは私の収入のみです。

①低リスク資産として、個人国債に50万

キャッシュバックキャンペーンを利用して初めての個人国債購入レポ♪

②つみたてNISA枠を利用して投資信託を40万円購入

【2018年】積立NISAは楽天全世界株式の一本でいくことにしました

③仮想通貨の積立ができるZaifに口座開設

今は空き時間にちょこちょこ売り買いして小銭を増やして入ってるのですが、正直すごい疲れるんです。。。
誰かに丸投げしたい。。ということで自動積立ができるZaifを開設しました。

金額はその月の収入によって設定を随時変更予定。ハイリスクの位置づけです。

2018年の仮想通貨投資はZaifの積立で楽ちん管理

まとめ:投資初心者の貯金額の割り振り方

以上が、投資1年目の貯金額の割り振り方です。
これから増えたり、減ったりを繰り返しながら、色々勉強できることも多いと思うので楽しみです^^