アトピー闘病中に知ったマクロビオティック・玄米菜食という食事療法

スポンサーリンク

当時、マクロビオティックなんて言葉、聞いたこともなかった。
しかし不思議なもので、一度その世界に入ると、驚くほどたくさんの情報があった。

私が思っていたよりずっと昔からある食事療法であり、実践者がいたのだ。

玄米菜食との出会い

最初の出会いは、あるブログだった。
残念ながら、そのブログを探してみたが今は無くなっていた。

私と同じように20代女性で、大人になってからアトピーを発症し、苦しんでる方のブログだった。
その方が1冊の著書「アレルギーは自力で治る!」を紹介していたのだ。

題名からしてまさに私が求めていたものドンピシャだった。
早速購入して、読んだ。

アレルギーが自力で治るという現実を知る

著書の女性は、幼少期からのアトピーを、脱ステし、なんと猫を飼いながら(!)、治したのだ。
その方法は至ってシンプルで、

  • 昔ながらの日本食(玄米菜食)
  • 薬草を使ったお手当

がメインだった。

詳しい方法は是非著書を読んでみてほしい。
イラストが多く、決して堅苦しくない。マンガを読むようにスラスラと読めてしまう良本だ。

病院に溢れる患者を見た後だけに衝撃だった。

「自分で治せるんだ・・・」

自然療法という非科学をどう信じるか

彼女は医師でも薬剤師でもない。
しかし、体験談には説得力があった。

ある日突然アトピーを発症した現実
短期間で寝た切りになるほど悪化した症状
そして薬で治らない今

なぜ私が??アトピーに??

ずっと答えがでない問いかけだった。
だからこそ、「本当に治った人の声」が有難かった。

まずは、食事を変えよう。
私の玄米菜食の日々が始まった。

>>続く

▼嫌ほど繰り返したリバウンドから脱出した方法
>>成人型アトピーに有効性が示された初めてのプロバイオティクスLKM512

▼お風呂上がりの乾燥地獄から抜け出した方法
>>殺菌ではなく「整菌」で治った私

▼嘘みたいな本当の話
>>怪しいアトピーサプリで緊急入院した黒歴史

スポンサーリンク