【アトピーと悪血】ケイ素の優れた力を知らないと損!

2017年5月29日

スポンサーリンク

食事も変えし、日用品だって変えた」
「やれることは全部やったのになぜ治らないの?
どうして私だけアトピーを発症するの?

これは闘病当時の私が、何度も何度も反芻した思い。

一年後の同じ季節。
もし、体の状態が、今と変わらないままだったら。

突きつけられる現実は、地獄のような闘病生活をもう1年過ごすか、副作用の強い薬で症状を抑える日々に戻るか。

闘病が長引けば長引くほど、現実は悲惨です。

努力している人が報われない。必死でやっていても治らない。
そんな現実があること。

自分の体なのにコントロールできないその無力さに「死ねたら楽なのに」と思ったこともありました。

そして、闘病が長くなるにつれて、今まで取り組んできた自分の治療法を否定するのも辛い。

しかし、自己流に行き詰まり、ナチュラルクリニック21に入院したこときっかけで、やっと自分の体に必要なものが見え、 階段をかけ足で登るがごとく一気に完治しました。

そして、アトピーが完治して5年経過した今も元気に暮らせています。

なぜ、リンパ節が異様にかゆいのか、
なぜ、アトピーになる人とならない人がいるのか。 

今日は、体質改善に行き詰った私を救ってくれた栄養素と、購入時の注意点をシェアします。

 成人アトピーの私を救ってくれた栄養素は、ケイ素

我が家のケイ素ちゃん、水溶性濃縮珪素
医療機関へも導入されてる国内特許商品です。

ケイ素の重要が高まるにつれて、似たような商品がめちゃんこ増え、逆に「ケイ素なんて効くわけねぇ~」といったアンチ意見も増えました。

効かないと思う人は試さなければいい。
医師が処方するステロイドで治る人もいる。
体質や考え方は人それぞれ。

私のアトピーは、専門家や医師が処方した薬で治りませんでした。
自分で考えて、自分で試して、辿り着いたのがケイ素だったです。

この記事では、数あるケイ素商品の中から、アトピーの方におススメなケイ素の選び方をなぜケイ素が必要なのかという話からの説明してます。

ケイ素とは?気になる副作用

そもそもケイ素ってなに?

日本ではまだ聞き慣れない栄養素なので、そう思った方もいらっしゃると思います。
自然療法の先進国ドイツでは、毎年400万本以上販売されてる栄養補助食品で、子供から大人まで(ペットにも)幅広く愛用されており、体内に吸収されてから排出までの動きが立証されています。

ケイ素の別名はシリカ

別名「シリカ」。爪、毛髪、血管、皮膚など様々な部位に含まれている成分で、強い抗酸化力(強アルカリ)をもった栄養素です

皮膚、毛髪、爪、アトピーさんがボロボロになってる場所なので、確かに関係ありそうですね。
でも大切なのはもう一つの力、「強い抗酸化力」。

成人アトピーさんに強い抗酸化力が必要な理由

 通常、人間の体は、酸性に傾きやすいのですが、特に アトピーの方の血液は酸性化し、ドロドロ(悪血)です。
汚れた血は東洋医学で瘀血(悪血)とよばれ、リンパの集中した付近に溜まります。

まさにアトピーさんが痒くなる場所!

この状態が慢性化することで、次第に痒みとなって皮膚からあふれ出します

一時期、「ステロイドより効く!」という声があがるほど「瀉血療法(血液を抜く治療法)」が有名になりましたが、

瀉血で血液を抜くとアトピーが一時的に楽になるのも、この原理です。

瀉血療法とは
重篤な貧血や感染症等を引き起こす問題が多数起きており、自己流でやることは決してお勧めしません

大切なのは、悪血を抜くことではなく、悪血作らない体作りにはどうすればいいか。

でなければ、永遠に悪血を抜き続けなければなりません。
では、悪血が溜まる人と溜まらない人の違いは一体なんでしょうか。

成人アトピーになる人は、老廃物を排出する力が弱い

血液は体の各組織で生じる老廃物を回収し、いったん腎臓へ運んでろ過し、心臓へもどります。

老廃物を運び出すのが 血液そして血液が集めた老廃物の排出を担っているのが 腎臓ということですね。

つまり、老廃物(尿)を排出する腎臓の強さがキー。

何食べても平気な人って、排出する力が強いのです。

腎臓の持つ力は一人ひとり違う

元気な人を 100としたら 60くらいしかない方もいます。

そしてアトピーの方は一般的に腎が弱いと言われてます。梅雨に悪化するタイプの方は特にそうですね。

東洋医学では腎臓の弱い人は「耳が小さい」「足の小指の爪が小さい」と言われてますが、私はまさにそうです^^;

腎臓の排出力をチェック!その目安となるのは尿

腎臓のパワーが強い方は、老廃物が尿として排出され、腎臓で濾過済みの 綺麗な水分」のみが血液へ戻されます。

尿の色をチェックしてみてください。

 もし、色の薄い透明の水のような尿の場合、老廃物はろ過されず、そのまま体中をめぐってます。


この老廃物にまみれた 酸性寄りの血液は、体に様々な不調を引き起こすのですが、肌が弱いアトピーさんの場合、肌に湿疹&痒みとなって現れます(アトピーの始まり)。

アトピーの方が、瀉血で出した悪血を触ると、指先に刺激を感じるほどと言われてます。

アトピーの患部ってちょっと匂いませんか??
私は香ばしいよいな独特の匂いがしてました。

悪血を綺麗にするために必要なこと

 必要なことは、 悪血を作らない生活習慣と、体内で血を酸化させない力。

ケイ素の持つ抗酸化力が求められる理由がここにあります。
飲用と、経皮吸収の2パターンでの使用が可能です。

ケイ素の有効な摂取方法は2つ

水に混ぜて飲む

飲料水としては、毎朝3~5mlを1Lペットボトルに入れて溶かし、職場に持参して1日かけて飲んでます。

何かストレスがあった時はガブ飲みw

味はしないのですが、水がおいしいくなるのでガブガブ飲めちゃいます。

化粧水として使う(ケイ素1:水9で混ぜるだけ)

飲むだけでなく、肌に直接塗ることで、経皮吸収させることも可能です。

そしてこの化粧水がね!!いいのー!!!

かなりさっぱり感ですが小さいスプレーボトルで作るので 防腐剤なしのフレッシュなものを常に使えるし、何より 肌トラブルが激減

医薬品ではないので一時的ですが、アトピーの赤みが唯一引いたのがケイ素水でした。

原液は無色透明でお水みたいないテクスチャーです。1円玉大で顔~首まで使えます。

ケイ素の気になる好転反応

アトピー治療中に、よく聞いた「好転反応」。

アトピー重症期には、好転反応が怖くてなかなか新しい治療法に手が出なかったことがありました。

しかしながら、私の場合、ケイ素の飲用に関しては、一切好転反応なし。
※あくまでも『私の場合』なので一つの目安として受け取ってください。

デメリットは、継続が必要なこと

ケイ素は、一度の飲用で劇的にアトピーを治すようなお薬ではありません。

一時的に火消しをしても体内環境が悪くなれば、アトピーはリバウンドします。
だからこそ私は今でも食生活やヨガを土台にケイ素を今でも継続してます。

お金をかけたくないのであれば、日々の食事をがんばりましょう。
体内のアルカリ化は、食事や運動で改善可能です。ただし、効果は緩やか。

少しでも早く治したい!食事療法が上手くいってない!という方にだけおススメします。

メリットは、「続けられる価格」と「手軽さ」

これ、大切。いくら良くても続けれないと意味がありません。
完治して5年経過した今でも愛飲してるのは、価格と水のように飲めるその気軽さです。

私は飲む&スキンケアの両使いで1日辺り約190円

自販機でペットボトル1本買うのと変わらないので、高いとは思っていません。

むしろ外でのペットボトル買いを控えるようになったので経済的になった位です。夏場は1本持ち歩き、もう1本は冷蔵庫で冷やしてます♡

アトピーさんがケイ素を購入する際の注意点

ここが一番大切!!!
同じ商品名のケイ素でも原材料や製造方法が全く異なります。

吸収されるものを選ぶこと

ケイ素は結晶のような塊。そしてケイ素を砕いて水に溶かしたものがケイ素水です。

最近は激安のケイ素水も販売されてるのをたまに見かけますが、私が購入する際のポイントは、腸管から体内に吸収されるナノレベルまで粉砕されている水溶性かどうか(国内特許)、の点です。

ケイ素は本物でないと効果を感じられません。

以前、海外サイトから似たような商品を購入したことがあるのですが、効果が全く感じられず、現在は製造方法までしっかり確認できる日本の公式サイトからしか購入しないようにします。

私がおススメするケイ素は水溶性濃縮珪素 レクステラ(Rextera)

水溶性濃縮珪素 レクステラ(Rextera)

新規患者予約は約6年待ちの鎌倉ドクタードルフィン診療所 松久 正 院長の推薦品。
私はこれ以上の商品に出会うまで一生飲み続けると思います。それくらい気に入ってます。

洗濯洗剤でもお世話になったスローヴィレッジさんが販売元。
(公式サイトに限り、今だけ2000ポイント還元中!)

購入すると毎月冊子が届くのですが、その中でケイ素の飲用でペットの皮膚ガンが縮小していくレポも紹介されていました。

ケイ素ってまじですごいと思う。
効果に対して懐疑的な方は、公式サイトであれば、返品保証(条件はHPでご確認ください)がありますので、そちらをご利用ください。

公式HP水溶性濃縮珪素 レクステラ(Rextera)

アトピー発症前よりも綺麗になった

先日、美容院で「地毛が本当に真っ黒ですね」で驚かれました。
闘病時、白髪がでヘアファンデーション塗って外出してた私がですよー!

そうですか~?」なんていいながらニンマリ。
壇蜜さんがまさにそうですが、肌が綺麗な人って、髪も綺麗

肌のキメも整ってて
髪も艶々で
爪も綺麗。

全てケイ素が含まれる場所です。

闘病当時の私はといえば、肌はボロボロ、髪の毛はパサパサで、その上ストレスのせいか白髪まで大量発生(涙)

そして秋になると大量の抜け毛w
爪には大量の縦線。

完全なる「ケイ素プアーウーマン」w

抗酸化力」にばかり注目しましたが、 皮膚が大量に落屑してるアトピーさんは、欠乏してる栄養素でもあります。

血液を綺麗にするという目的以外でも、補うべき大切な栄養素。

生まれもった体質の違いを嘆いても仕方ないです。
大切なのはどう対策するか

誤解して欲しくないのですが、ケイ素を飲むだけでアトピーが治る!というような医薬品ではありません。

しかしながら、私自身も飲み続けることで確かな手ごたえを感じた栄養素でした。
何より、無味無臭なので、お水を飲むような手軽さで日常に取り入れられるのがいいところ。

サプリのように「錠剤を飲む」ストレスは一切ありません。

 

アトピーが治った未来を想像してみてください。

痒みから解放された姿です。
気持ちのいい目覚めとともに一日が始まり、痛みなく洋服を着替え、メイクをして、仕事へ行けます。

仕事帰りには、恋人と待ち合わせをしたり、同僚と飲みに行ったり、今まで出来なかった当たり前の日常を当たり前のように過ごせるようになります。

痛みや痒みのない生活が送れるのです。

成人アトピーを発症したことで、たくさんの学びがあったことは事実です。
でも「アトピーを経験してよかった」と思ったことは一度もありません。

まだまだ遊びたいさかりだった20代を女性として容姿を失って過ごしたことは、今でも思い出すと辛くなる過去です。

闘病が長引くと、未来が見えなくなりますが、未来があることを忘れないでほしい。
失った分を取り返しましょっ

停滞していた体が1カ月、2カ月先の未来へ進むきっかけになりますように。

水溶性濃縮珪素 レクステラ(Rextera)

▼お風呂上がりの乾燥地獄から抜け出した方法
>>殺菌ではなく「整菌」で治った私

▼嫌ほど繰り返したリバウンドから脱出した方法
>>成人型アトピーに有効性が示された初めてのプロバイオティクスLKM512

▼嘘みたいな本当の話
>>怪しいアトピーサプリで緊急入院した黒歴史

スポンサーリンク