アトピーの痒みで仕事中に体が震えるようになり退職を決意、同僚にも迷惑をかけていた現実を知る

2019年1月1日

スポンサーリンク

「もう無理。辛すぎる」

仕事中に何度も耐えきれない痒みに襲われるようになった私が限界点を超えるのはあっという間だった。

アトピーの痒みで仕事中に体が震える

痒みを我慢するとどうなるか。
体が震えますw

トイレに駆け込むたびにぼりぼりと掻きむしり、痛みに顔をひきつらせて席に戻るも、30分も持たない。
また気の遠くなりそうな痒みに襲われ、体を震わせながら仕事をどうにかこなす毎日。

仕事を辞める決断

「もう限界。このままでは心がだめになる」

幸い貯金はあった。
1年くらいなら療養できる。いざとなれば頼れる実家があるのもありがたかった。

どう上司に伝えよう。

辞めたことで気付いたこと

びっくりするほど、上司にすんなり受け入れられた。
自分ではいつも通りふるまってるつもりだったが、周りには不調がわかりやすすぎるほど伝わっていたのだ。

それも当然。
辞職を決意する2カ月前からミスが増え、突然1週間休んだりと、明らかに行動がおかしくなっていたのだから。

私は知らない間に同僚に負担をかけ、上司に心配をかけていた事実を知った。

自分のことで精いっぱいで周りが全然見えてなかったのだ。ショックだった。

勘違いと自己正当化は紙一重

病気は自分の責任。周りのフォローは当然ではない。
アトピー患者は、自分のことを頑張り屋さんと思ってる人が多いが、周りの優しさにフォローされながら生きてるのだ。

ミスを連発し、痒みで集中力を欠いている人間が「私は頑張り屋さん」と思っていたら、フォローしてる人間はどんな気分になるだろうか。

アトピー療養のための離職は効果的?

「辞めたい」
そういう思いがあるのならば、離職することはアトピー治癒にはプラスになります。
実際私は、あの時仕事を辞める決断をして本当によかったな~と思ってます。

朝起きて会社に行かなくていいだけで、すんごい楽。
辞めたばかりの頃は、楽すぎて踊れるくらい、嬉しかったですもん。

但し、全ての人にこれが当てはまるわけではなく、

闘病中に出会ったブログ友達がそうだったのですが、一日家に閉じこもってるよりも、会社へいって働いたり、友達と花火大会に行ったりする方が気分転換になる方もいます。

「仕事を辞めるのは、体がどうしようもなくなった時の最終手段。家に一日いたら死ぬことを考えてしまうかも」と彼女が言うのを聞いた時に、人それぞれ最適な治療法は違うんだなぁ、とハンマーで頭を殴られたような気持ちでした。

なので、周りの意見どうこうより、自分がどうしたいか、で決めるのが一番です。

治ればまた働けます。

実際私は、アトピーが治ってからはず~~っと働いてますよん。

>>続く

退職を決意した時は「アトピーで辞めるなんて理解されるだろうか・・・」と思っていたのですが、周りからみれば尋常ではない皮膚だったようで、すんなり受け入れられ拍子抜けしましたw
目に見える病気なので悩みましたが、目に見える病気だからこそよかったのかな^^;

▼嫌ほど繰り返したリバウンドから脱出した方法
>>成人型アトピーに有効性が示された初めてのプロバイオティクスLKM512

▼お風呂上がりの乾燥地獄から抜け出した方法
>>殺菌ではなく「整菌」で治った私

▼嘘みたいな本当の話
>>怪しいアトピーサプリで緊急入院した黒歴史

スポンサーリンク