【画像あり】シャツやブラウスの裾がスーツやスカートから出てしまう時の対処法

2018年10月11日

「気がついたらシャツが出ている・・・」
「どうして私だけこんなに出るんだろう?」

シャツが出てしまうのは制服を着ていた学生時代からの悩みだった私。
人より胴体が長いせいだろうな、、と秘かなコンプレックスでもありました。

しかし、簡単に解決することが判明。
ほんと、簡単すぎるから、是非使ってみてくださいね。

商品を使うやり方と、無料で今日からやれるやり方と2パターン紹介してます。

スポンサードリンク

対策はシリコン滑り止めをつけるだけ

おススメはKAWAGUCHI エイトストップ

スカートやズボンのウエスト部分に、アイロンで10秒ほど圧着するだけの商品なのですが、これだけで、シャツ・ブラウスのまくれ上がりを防ぐことができる優れものです。

「これ、安いし、こんなので大丈夫かな??」とダメ元で購入したのですが、この価格で10年以上の悩みが解決しました。

アマゾンのベストセラー入りしてる商品だけに納得の効果でした。

丈夫で洗濯しても取れない

これは旦那のスーツにつけた写真なのですが、圧着してから1年以上履いてる&自宅で洗濯してますが、全くとれません。
端っこまでぴったりくっついたまま。

よくアイロンのりって時間が経過すると取れてきたりするじゃないですか。
色んな素材につけてますが、そういった不満は一切ないです。

わずが10秒で圧着可能

アイロンで10秒ほど当てるだけでOK。
この手軽さと価格の安さで、自宅にある洋服のほとんどにつけています。

利用時の注意点

高温で圧着するため、洋服の素材に『低温』マークがある場合、利用できません。

高温でのアイロン可能な素材かどうかを確認してから購入しましょう。

口コミレビュー

勤務時間中にシャツの裾を直すことがなくなりました。無駄な作業から解放された気持ちです!

2週間前に購入し使用しているが、とても良いので、追加購入しました。

ウエストがビール腹で、ズボンはずり下がるわ、Yシャツははみ出すわ。という人は試してみて損はないです。
無いより確実にマシです!!!

カラー展開も豊富

黒・グレー・白があるので洋服に合わせて選べます。

スポンサードリンク

裏技:下着の中にシャツ・ブラウスごと入れちゃう

「明日、冠婚葬祭ですぐにでも出来る対策が出来ない!」
「バイトの制服なので、勝手にすべり止めをつけたりできない!」

この商品を購入する時間がないがない方は、シャツをパンツの中に入れてみてください。
こちらの商品ほどの効果はありませんが、入れないより全然ましです。

学生時代に、バイトの制服の時、そうやって対処してました^^;
裾がでて、よく店長に注意されてたんですよね。

補足:女性ならワンピースを活用しよう

男性には不可能なのですが、女性でこの悩みを抱えてる方におススメなのがワンピースです。
私は普段着はほぼワンピースのみ、です。

ワンピースだと、絶対裾がでないので、気軽で楽ちん。

スポンサードリンク

おススメしないのがワンサイズ大きいサイズの洋服

「裾が長い商品を買えばいいのかな・・」

私もそう思って大きめサイズの洋服ばかりを購入してた時期がありました。
しかし、、あまりおススメしません。

確かに大きめサイズだと裾は長くなりますが、肩幅やお腹周りも大きくなり、想像以上にだらしなく見えるんです。

しかもワンサイズ上げた所、裾が長くなるのは僅か1~2センチ。
大して効果は見込めません。

ノンアイロンシャツで滑りやすくなった方にもおススメ

amazonの口こみにもあったのですが、

UNIQLOの感動パンツを仕事にはいていくとき、シャツが滑りやすく出てくるので購入しました。

我が家でも愛用してるノンアイロンシリーズのシャツやパンツは、表面がつるつるしてるので滑りやすくなる方もいらっしゃいます。
そんな方にもおススメ。

この滑り止めをつければ安心です。

まとめ:シャツやブラウスの裾が出てくる!

以上がシャツやブラウスの裾がすぐに出てきてしまって困った時の対処法です。
出ない人は全然でないんですけどね…これは胴の長さの影響が大きいと思います。

悲しいですが、胴が長いのだけはどうにもならいっすT_T

ラッキーなのは、対策は簡単であること!
参考になれば幸いです♪

 

人気記事ルンバ不要!ブラーバでいつでも気持ちのいい床に♪

人気記事脱アイロン宣言!ノンアイロンマックスを知らぬと損

節約時短家事