投資信託は5000種類以上、初心者はどこを買えば失敗が少なく儲かるの?

2018年6月16日

ここ1カ月は、投資関係のブログを暇さえあれば読んだのですが、専門用語?なのかアルファベットが結構な割合で文中にでてきます。

それをいちいち調べてるとどんどん深みにハマっちまって、そもそも何を調べていたのかわからんくなってしまってます。。あほ~

とりあえず「投資信託」を購入する際のポイントだけはわかったのでまとめてみました。

 

どこの投資信託が安全?その選び方とは

投資信託の数は5000種類を超えていますが、そのうちの9割以上が手を出さない方がいい商品と言われています(金融機関だけが儲かる商品)。

9割って・・ちょっとびっくりしますよね。

でも、ってことは・・ってことは・・残り1割の中から探せばいいだけだからそれほど大変でもないってこと??

 

残り1割の安全な投資信託とは?

答えは簡単。素人が手を出すなら、専門家がおススメしてる銘柄から選ぶこと!

聞いたことのないような投資信託はもってのほかです。

そもそも、私のような全くの初心者であれば、非課税になるNISA枠を利用して始めることになります。

そして、積立NISAの対象となる投資信託は、金融庁が選らんだ50本ほどに限定されており、これらは現在販売されている投資信託の約1%

???・・・・つまり、、金融庁が10%→1%に絞ってくれたってこと??

ここからさらに絞り込んでいきます。

 

投資信託の手数料は出来る限り安く

投資信託には二つの手数料があります。

  • イニシャルコスト(購入時手数料)
  • ランニングコスト(信託報酬)

大切なのは、運用経費としてずっとかかりつづけるランニングコストの方!これは投資信託を利用する限り、定期的に支払う運用管理手数料です。

気になってた投資信託をいくつか見てみたのですが、 年間0.1%~1%まで結構幅広

例えば100万円で開始して1%で1万円。これが25年間続く、しかも複利なので年々支払う額が高くなる(高くなってくれないと困る^^;)わけなので、それなりの金額になります。

主要な投資信託の一例をご紹介

これらは、他の投資信託と比較しても安い商品です。

上場インデックスファンドTOPIX(0.1%

ニMAXISトピックス上場投信(0.078%

3ニッセイ外国株式インデックスファンド(0.2%

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(0.2396%

 

販売手数料の安いネット証券で購入可能であること

ネット証券は、店舗を持ってないので、銀行より手数料が安く、営業マンから何かを直接売りつけられることはありません。

ねこっけは気が弱いので、これ、めちゃ大切ポイント。

 

国内外の投資信託を半分づつ購入できること

日本の金融資産は世界の1割未満
インフレや円安の心配をするのであれば、国内だけでなく海外投資する方がずっと現実的です。

そのため、この二つを半々の割合で持つことで、その理想に近い形での運用が可能になります。

 主要な投資信託の一例をご紹介

上場インデックスファンドTOPIX→国内株式の投資ファンド

ニMAXISトピックス上場投信→国内株式の投資ファンド

ニッセイ外国株式インデックスファンド→海外株式の投資ファンド

楽天・全世界株式インデックス・ファンド→海外株式の投資ファンド

 

個人で特定の国に投資するのは、どこに投資すればいいか、わかりませんが、「投資信託」なら、各国の情勢に詳しい人が、適切な場所に投資してくれるので安心です。

 

私が購入したインデックスファンド

以上を踏まえて、2018年のつみたてNISA枠は④楽天・全世界株式インデックスに決定しました ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

どこが儲かるかは、過去の実績からも判断できない

ぶっちゃけ「手数料だけで選んでいいの??」と正直思ったのですが、「上がった・下がった」を確実に当てることは不可能です。

リーマンショックや東北大震災、それからライブドアショックも過去にはありましたよね。

だからといって、チャンレンジしないと、増える可能性もありません。
シンプルで、わかりやすく、長期ホールド向きなのがインデックス投資。

なので出来る所からちょいちょい勉強してがんばりたいと思います~

▽全く知識がない状態の時でも理解できた良本

[amazonjs asin=”4866510420″ locale=”JP” title=”図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!”]

 

初心者におススメなインデックスファンドが購入できるネット証券

NISAは、 SBI証券で始めることができます。

SBI証券は国内最大手のネット証券

取扱商品も多数

口座開設手数料は無料

SBIネット証券のHPから資料請求が出来ます。興味がある方はこちらからどうぞ。

SBI証券から資料請求する方法

1年運用した結果をまた報告します ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

人気記事【実録】共働き夫婦のウェルスナビ記録、損失額も公開

人気記事2018年の仮想通貨投資はZaifの積立で楽ちん管理