老後って本当はいくら必要?我が家の家計で算出してみた

2018年6月16日

「老後のためにいくら貯蓄すればいいの?

でもでも、そもそもお金が山ほどほしいわけでないねこっけ。
まずはローンを早く終わらせたいのと、自営で退職金がないのでそのための準備をしたいんです。

老後に必要なお金は1億?

よく聞くのは老後に必要なお金は1億円説。

い、、、いちおく、ですよ!1億円!!!

そんなにないと過ごせないなら、今のほとんどの人がまともな生活を送れないことになります。

しかし実際は、住む場所や生活スタイル、家族構成によっても必要生活費に差があるため、1億円はあくまでも「目安」

では、我が家の場合はどれくらい必要なのか考えてみました。

企業年金で、退職後も変わらない生活をしている両親

私の父は、企業年金に加入していたため、60歳の定年退職後も、会社勤めしていた時と変わらない収入があります。

なので、退職後も趣味に本格的に取り組んだり、娘のわたしにおこづかいをくれたりと、むしろ現役時代よりずっと時間もお金も余裕のある生活になっています。

裏をかえせば、私の 両親世代ですら、国が支給してくれる基礎年金だけだと、生活は厳しいのが現状。年金とは別に企業年金に入っていたからこそ、の生活です。

父は、普段全然お金の話なんてしない人だったので、「おとん、やるな」と正直びっくりしました。

老後の備えは、長寿社会の日本人には必須です。

 

年金プラス10万円は最低限ほしい

両親を見てて思うのは、年金にプラスして10万円はほしい!
つまり年間120万円。

長生きなんてしたくないけど90歳までを考慮すると、、、120万円×30年=3600万円

35歳の今から貯めるとなるとあと25年だから、年間144万円。1カ月12万

一億って思うよりはずっとやれる気がしてきたけど、それでも、まぁまぁ辛い金額

銀行に寝かしておくだけでは資産は増えない、むしろ減る

金利よりたまにコンビニでおろす手数料の方が高い近年。

銀行に貯金しておくだけでは、老後に必要なお金を貯めることは絶対無理なことに気づきました。

 

投資するしかない。

それも仮想通貨のような投機ではなく、長年のノウハウがある株式投資

想像以上に敷居の低かった株の世界

野菜のカブくらしかしてこなかった私が、果たして投資なんぞ始めれるのか、、、

早速調べてみると、「大変そう」「損する可能性が高い」としか思えなかった投資が、意外や意外、簡単に始めれました。

一言で「株」といっても投資方法によってリスクや運用方法も異なります。

別記事にまとめてるので、興味ある方は引き続きどうぞ(っ’-‘)╮ =͟͟͞͞

>>主婦が株式投資を始める前に知っておく大損しないための最低限の知識<<

 

人気記事【実録】共働き夫婦のウェルスナビ記録、損失額も公開

人気記事2018年の仮想通貨投資はZaifの積立で楽ちん管理