【ideco】2018年確定拠出年金はDCニッセイ外国株式とEXE-iグローバル中小型株式!

2018年7月24日

idecoの開設にめちゃんこ時間がかかって(記入漏れなので私が悪い)、やる気が失せていたのですが、自動積立で運用してる

全てプラスで総額5万以上になってるので、目を覚ましてまじめにidecoの運用を考えました。
銀行にいれて利子が5万円もつくことなんてないですからねー!

ねこっけ
ねこっけ
私みたいな初心者にはドルコスト法の自動積立はほんと最高っす。
考えた人、天才!

確定拠出年金の運用額は毎月67000円

個人事業主なので満額が68000円なのですが、付加年金を積み立ててるので、差分の67000円が掛け金。

付加年金とは?
>>個人事業主が加入できる付加年金を知らないと損!

海外の大型株式を8割、国内外の中小型株式を2割

SBI証券の設定画面は操作性抜群

日本の株式はあまり期待できそうにないので、当初は海外株式100%のつもりでしたが、掛け金が大きいので20%は内外株式に分散投資することにしました。

ちなみに、つみたてNISAは楽天全世界株式(大型・中型株だけでなく小型株も含む)で分散投資してます。

DCニッセイ外国株式インデックスファンド

投資先

日本を除く主要先進国の株式に投資します。

運用の概要

MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果をめざします。原則として、対円での為替ヘッジは行いません。

【管理人コメント】
信託報酬がとにかく安い(年率0.20%)のが特徴。
そのため確定拠出年金でも人気のインデックス投資です。
書籍やブロガーさん達の情報を読んで、当初から決めてた海外株式。

EXE-iグローバル中小型株式

投資先

主としてETF(上場投資信託)への投資を通じて、世界(日本を含む)の中小型株式へ実質的に投資します。

運用の概要

本ファンドはファンド・オブ・ファンズ方式で運用されます。
ファンド・オブ・ファンズ方式とは、投資者から預った資金を他の投資信託に投資することにより運用を行う方式です。

【管理人コメント】
iFreeNYダウ・インデックス(信託報酬0.24%)と悩みに悩んで決めたのがEXE-iグローバル中小型株式(信託報酬0.25%:実質0.33%)
中小型株式は、大型に比べると値上がりしやすいので(値下がりもしやすい)、ちょっと冒険してみるつもりで1年間投資してみることにしました。
なにしろ資産が少ないので、リスクをある程度とらないと増えないんですよね^^;
資産が5000万円越えるまでは試行錯誤する腹つもりです。

参考書籍:ほったらかし投資

今回、海外株式のインデックス投資をメインにした理由はこちらの本を参考にしてます。

初心者さんだからこそつまずく最初のハテナを順番に噛み砕いて説明してくれてる良本
これから投資を始める方にはイチオシの本です。

確定拠出年金はSBI証券がおススメ

国債購入も積立NISAも全てSBI証券を利用してます。

  • 確定拠出年金つみたてNISAのどちらも可能
  • 金融商品が多く、初心者におススメな主力商品は揃ってる
  • 初心者でも画面操作が簡単
  • 資金の入出金手数料が無料
  • ネット銀行の住信SBI銀行と合わせて開設できる

ネット証券は、窓口で営業されることもないですし、自宅で入金の出入りを確認できるのは本当に楽ちんぽん!ですよ~

 

 

人気記事【実録】共働き夫婦のウェルスナビ記録、損失額も公開

人気記事2018年の仮想通貨投資はZaifの積立で楽ちん管理