住宅ローンの乗換え交渉で100万円以上減額に成功!低金利の今こそチャンス【徹底解説】

2018年6月14日

転勤族だけど家を購入しちゃった我が家。
資産として購入したので後悔はしておりません!!(必死)

そんな我が家についてきた住宅ローンちゃん。
おかげ様で低金利の波にのり、住宅ローンの金利減額に成功し、結果100万円以上の節約できました。

銀行とのやりとりも含めて経緯を徹底解説します。

>>住宅ローン借り換え一括審査申込み

スポンサードリンク

固定25年1.75%の金利で始まったローン

固定25年1.75%の金利で住宅ローンを組みました。
1.75%って高いと思われる方がほとんどだと思います。

なぜこんな価格になったか、夫が転職したての時にローンを組んだからw

他銀行ならもっともっと安いプランがあったのですが、勤続3年以上でないと受付さえしてもらえず敗退。
夫はすごく固い職業だったので、結構ショックを受けていました。

そうなったらもう仕方ない。
腹をくくって、転職1年でも話を聞いてくれる銀行さんと固定25年で凍結しました。

何より、営業の方がとても親切で、親身に相談にのってくださったのも大きかった。
不動産の営業も方も感じよくて、なんだかんだいって、結局はお金より人情。

しかーし、高いぞ、やっぱり金利。

転職して3年目に入り、有利なローンが組める条件がそろうと、やはり目につく他銀行の低金利。

時代の追い風もあり、ますます低金利になってるので、夫はついに乗り換えをすべく銀行さんに相談。
ちなみに乗り換えると1.75%⇒0.65%になります。すごくね?

乗り換えにかかる手数料

ここで大切なのが乗り換えにかかる手数料。
我が家の場合、1%以上安くなるなら、乗り換え手数料を配慮しても、利益がでます。

1%って結構な値引きですよね。
なので、ちょっと安くなる、、くらいだと逆に損してしまうので要注意。

※ローン組んでる銀行さんが引きとめるためにデータとして出してくれますよん

で、結局我が家はどうしたか

銀行さんにめちゃくちゃ引きとめられました。
そしてローンの金利を下げてもらえることになりました。

1.75%⇒1.41%

微妙なラインせめてくるでしょーーーw

1.41になると、他銀行との差が1%以上にならないので、手数料を考えると乗り換えてもお得感がなくなるのです。しかも我が家はハイペースで繰上げ返済してるので、下手すれば損する可能性も。

ということで、銀行はかえず、そのまま金利だけ下げてもらうことになりました。

転職1年目でローンを組ませてもらったことには感謝だし、乗り換える手間を考えると妥当な選択だったと思います。

営業さんも、感じいいのよ(2回目)

固定金利が下がってどれくら得した?

トータルで100万ちょっとローンの総額が減りました。

100万ってあの札束一つだよ!?
すごくね!?

約1年分の支払い額と変わらないので、我が家にとってはめちゃくそ嬉しい!!

住宅ローンの乗り換え先を探し方

一括見積もり比較を利用するだけです。

ここで出したデータを元に、現在ローンを凍結してる銀行さんに相談すればOK。
ローンて利子がすごいから、どこの銀行も引きとめようとしてくれるし、乗り換えの交渉するだけでも金利を下げてもらえるチャンスがあります。

特に、転職から日が浅い時にローンを組んで、平均より高めの金利で凍結した方は要チェック!!

 

人気記事【実録】共働き夫婦のウェルスナビ記録、損失額も公開

人気記事2018年の仮想通貨投資はZaifの積立で楽ちん管理

節約住宅ローン