【LedgerNanoS】初心者向け外部ウォレットの初期設定から送金まで

2018年6月24日

 今日は仮想通貨を管理する上で一番大切なウォレットの設定についてのお話です。

取引所に資産を預けるのは危ない?外部ウォレットで保管しよう

本日は、昨日の二重認証のお話に引き続き、 外部ウォレットの設定。

▽非常に有益な情報をシェアして下さってます。

 

ねこっけは、外部ウォレットの存在すら知らず、仮想通貨は、取引所に保管しておくのだろうなぁと思ってたのですが、全然違いました。

インターネット上のソフトウォレットもあるのですが、私は外部のハードウォレットに保管する方法を選ぶことにしました。
もうこれ以上登録サイトを増やすのが面倒なのと、ハッキングを避けるため。

届いたので設定から送金までをやってみました♡

こういうのってめちゃメンドクサイかと思ったけど、全然簡単だったので、是非、思いったった日にちゃっちゃと設定しちゃいましょう!
※取引所が突然閉鎖(資産回収不可)されること、ソフトウォレットから詐欺で全て引き抜かれることは、実際過去に起きてます。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

ビットコイン・リップル・イーサリアムで利用可能なLedgerNano S

オープン!

  • 本体(右)
  • ストラップ2種
  • USBケーブル
  • 説明書(左)

めちゃかっこいい~、大きさはUSBケーブルサイズ。

サクッと設定方法に入ります。

 

LedgerNano Sの初期設定

①まずは付属のケーブルでPCに繋げます。電源が入ります。

Welcome」と表示されます。わくわく~      

 

②上部にある二つのボタンを同時に押します。

③4桁~8桁でパスワードを設定します。私はもちろん8桁を選択。

④③で設定したパスワードの確認のために再度パスワードを入れます。
※間違うと再設定になって面倒なので(私w)、丁寧におしましょう。

⑤次は表示されていく10のフレーズを紙に書き留めていきます。

付属の紙にメモります。
この紙はとーーーーーーっても大切なので、丁寧な文字で書いて、保管してくださいね!!

そのあと、メモ書きを間違ってないかを確認するためのクイズみたいなのが2~3問でるので、メモを見ながら回答します。

ここまで出来たらLedgerNano Sの設定は完了。簡単でしょ~

 

LedgerNano Sアプリの設定

公式HP(https://www.ledgerwallet.com/apps)へ飛んで、アプリを起動します。

ねこっけはビットコインなので、ビットコインを選択。

アプリを追加します。

 

ビットコインを選択。

アドレスタイプは2種類表示

アドレスタイプとして「LEGACY」「SEGWIT」が表示されるのですが、何かわからず、焦って調べました。
※2017年8月24日にSegwitがビットコインに実装された

詳細は別記事であげますが、アドレスの頭が

  • 「3」から始るのが「SEGWIT」
  • 「1」から始まるのが「LEGACY」

送金手数料が安くなる新しい仕組みが「SEGWIT」。取引所やウォレットによって対応してたりしてなかったりですが、いつの日が統一されるのか、はたまた新しい規格が出来たりもするのかしら。
もちろん安い方のアドレスで送受信がおススメですが、コインチェックさんのアドレスは「1」から始まる「LEGACY」です(2017年11月現在)

そこまでいけば、「受信」タブでアドレスが確認できるのでそれをコピーして、取引所からの送金先として指定すればOK。

 

コインチェックさんから送金すると口座に反映されます。
※反映までにはある程度時間を要します。

注意:仮想通貨の送金には手数料がかかります

コインチェックだと、0.0005BTCだったので、今のレートだと350円くらいかな?
ちょこちょこ動かすと小銭がかかるので、まとまった金額の移動がベストですね。

この辺りは個人の考えで決めたらいいと思います。

LedgerNano Sへの送受金を終了する

アプリを終了する時は、「Quit app」を選択しておしまい。

慣れればそれほど大変とは思わないかな?というか、、、資産を自己管理するってめちゃ大変っすね。。銀行に預ける方が楽ちんでええわ・・・と正直思ってしまいました。

ねこっけみたいに、投資目的が数十万円の場合は、ある程度の金額になったら、日本円で出金して利確した方が、管理含めて楽ちんなのかな。ちなみにコインチェックで日本円出金はわずか400円。

とりあえずビットコインは長期ホールドするので、移動して保管。

LedgerNano S自体は、価格も一万円しないですし、購入してよかったです。

ハードウォレットLedgerNano Sはこんな方におすすめ

  • 取引所に大金を保管してる
  • 長期ホールドで売り予定がない
  • ウェブ上のソフトウォレットはハッキングが不安
  • ビットコイン・イーサリアム・リップルを保管したい
  • 一万円以下で設定が簡単なハードウォレットを探してる

発送から設定までを含めると、仮想通貨を移動させたいと思ったタイミングですぐに準備できるものではないです。時期によっては、商品自体の品切れも発生してますし、気になる方は、気になったタイミングでの準備をお勧めします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

仮想通貨取引を初めて2週間の雑感

ビットコインの動きがとにかく激しい。予想不可。
ツイッターで、良識者の方の発言を追うだけでも楽しいっす。

書籍と合わせながらボチボチ進んでいきたいと思います~

 

人気記事【実録】共働き夫婦のウェルスナビ記録、損失額も公開

人気記事2018年の仮想通貨投資はZaifの積立で楽ちん管理