東京から地方移住して5年目、家計の収支はどう変化した?豊かな暮らしとは

2018年7月26日

東京から地方移住して早いもので丸5年。。

地方移住して幸せ?

これは間違いなくいえます、幸せです。

広い家に、新鮮な土地の野菜、車に10分でも乗れば登山口。
ベランダからの景色も東京で暮らしていた時とは比べものになりません。

朝焼けも夕焼けもほんときれーなのだ。

20代を刺激な東京で過ごせたことはよかった、と今でも思ってるし、あの期間があったからこその今の幸せです。
幼少期から転勤族育ちなので、土地に対する執着がとても薄いことも、田舎移住にプラスになってるのかもしれません。

地方都市の近くがポイント

私がこの田舎に馴染めてるポイント、、それは、急行電車に乗れば1時間ほどで、地方都市にでれること!!
これがめちゃんこ重要ポイントです。

田舎の生活に疲れたら小旅行的な気持ちで、電車に揺られて、都会にでてます。

おしゃれなカフェに、デパート、エステにネイルサロン❤
やっぱり都会には都会の良さがありますからねー

 

気になる家計は?

東京で暮らしてた時は、夫婦そろって会社員してたこともあり、食費だけでも十万円オーバー、それに都心での家賃、駐車場代金、、えらいかかってました。

夫婦共働きで、典型的なダメ家計の例を直進してた我が家。

今思うと、セレブでもないのに、めちゃ勘違いして暮らしてますた。都会の年収1000万世帯はまじ危険。

東京でお金を気にしないで暮らすと、、、全然お金たまりましぇん。

それが田舎に越してきて、びっくり。お金使わなくなりますww

唯一想定外の出費は・・・車の車検位かな。。。

 

住宅事情

広い。。
現在夫婦二人ですが、4LDKの家で暮らしており、十分すぎる広さです。

私が在宅で快適に仕事できてるのもこの広さ故。1部屋を完全仕事部屋にしてるので、プライベートとはきっちり分けた空間でお仕事させて頂いてます❤

友達や家族が訪問した際も、仕事部屋と分けてるので、お互い遠慮なく過ごせてます。

 

激変したのは食生活

これです、一番の変化は。
我が家は、食事にはこだわっていて、東京でも有機野菜の宅配オイシックスを利用し、ミネラルウォーターはアクアクララを利用してました。

足りない分は成城石井で調達。
どんだけリッチやねん。。って感じですが、、

ねこっけ
ねこっけ
エンゲル係数が半端なく高いだけでリッチではありません。。。

ところが田舎に住むと、食費が・・・1/3以下になりましたー!

地元もおじーちゃん、おばーちゃんが作った、無農薬野菜を激安価格で購入してます。

食事は、元々大切にしてたことなので、田舎暮らしで手に入れた最大のメリットです。
毎日の食事で体は作られてるし、健康に勝るものは人生にないのじゃ!!

いくらお金があっても体に痛みがあったら、幸せとは言えません。

 

週末は温泉めぐり

源泉かけ流しの温泉が普通に近所にあります。
地元の人は日ごろから当たり前のように入ってるので、引っ越してきたばかりの頃は「なんと贅沢な!!」と驚きましたが、5年も経過すると、毎週末の温泉が当たり前に。

幸せっす。

 

親の老後

老後。
これはここ1年で考えるようになったのですが、夫の実家の近くに越してこれたことは、大変でもあり、安心でもあったなぁと。

やっぱり何かあった時に様子がすぐ見れるのは安心です。
決して気の合う相手ではないのですが、夫を育ててくれた両親なので、悲しい最後にはしたくないと思ってます。

 

将来にむけて

最近この本を購入して、今読んでるところです。

第一のフラッグ・国籍を持つ国、第二のフラッグ・ビジネスを営む国、第三のフラッグ・居宅を持つ国、第四のフラッグ・資産運用を行う国、第五のフラッグ・余暇を過ごす国+第六のフラッグ・寄付をする国。個人が国家を選ぶ時代。国家の運命と個人(家族)の運命を切り離そう。「日本」というリスクを分散するための知的冒険。

おーもーしーろーいー。
今までこういう本があることすら、知らなかったし、国を越えて移住する、なんて考えたことがなかったのですが、可能性としてはありだなぁと。

またレビュー記事を書きたいと思います!

 

まとめ

  • 田舎暮らしはお金をつか合わない
  • 広い家、きれいな空気、新鮮な食材が当たり前になる
  • 都会も好きなら地方都市に近い田舎がおススメ

 

人気記事【実録】共働き夫婦のウェルスナビ記録、損失額も公開

人気記事2018年の仮想通貨投資はZaifの積立で楽ちん管理